通信制高校に通って初めてわかった恐怖

私はレベルが普通の高校に通っていました。事情があって学校、特に同級生が嫌になり、しだいに学校を休みがちになり不登校になりました。

 

高校を中退しましたが、最終学歴が中卒だと困るとまわりの大人に言われて、将来がさすがに不安になりました。そこで通信制高校で勉強する事にしました。

 

私は別に国公立大学や有名私立大学に入りたいとは思っていませんでしたので、高校卒業資格が取れる程度でいいと、ハードルが低くて少し気楽でした。

 

通信制高校は、レポートとテストが主で、単位を取るだけだと知りました。高卒認定試験は、さすがに心配でしたが、頑張るしかないという感じでした。

 

私の通信制高校は、年間で通わなければいけない回数がとても少なかったので登校に関しては楽でした。時間をもてあますような感じで、寂しさはありましたが、とても自由でした。

 

通信制高校はさまざまですので、インターネットでいくつも調べたり、出来れば実際に通っていた知人がいれば、詳しく聞くといいです。

 

通信制高校のデメリットは、自分がしっかりしていないと、大変な事になる事です。ずっとなまけてしまって勉強しない自分になってしまう事がとても恐怖でした。自己責任という責任の重さを初めて知りました。

 

私はメンタルが強かったし、メンタルだけ管理すれば大丈夫だと思って気を使っていたので、事なきをえました。

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<